ネイルをするときに必要な知識

プロになるためには細かい知識も大切です

ネイリストになるためには必要なのは、技術がメインと思っている人も少なくありません。しかし、人気のあるネイリストを目指すためには技術だけではなく、しっかりと基礎から学ぶことが大切です。

ネイリストになるための基礎知識

ウーマン

爪の病気

ネイリストは爪に直接ネイルアートをするため、爪の病気を知っておくことが大切です。爪の病気を患っている人にネイルアートをしてしまうと、病気が悪化してしまったり、トラブルの原因になるためしっかりと学びましょう。

爪の形

人によって爪の形は様々です。四角いスクエア型の人もいれば、丸っぽい形のラウンド型の人もいます。そのため、その人の爪の形に合わせてデザインを考えなければいけません。爪の形によっては、似合うデザイン似合わないデザインがあるため、学んでおきましょう。

ケア方法

ネイリストの技術を披露する最初の段階で、ネイルケアの方法も重要です。甘皮処理や爪の形を整える方法、施術後のハンドマッサージなども人気のあるネイリストを目指すためには大切なことなのです。名古屋にあるネイルスクールでは、そういったケア方法も実践を通して学ぶことができるのです。

ネイルの種類を

ネイリストになるなら、ネイルの種類も知っておきましょう。ジェルネイルやスカルプチェア、エアブラシなど様々な方法でネイルを施すことができます。また、お客さんが求めるデザインイメージに近づけるためにも知識と技術を身に着けておくことは欠かせません。

デザインの種類

人気のあるネイリストは、豊富な種類のデザインの中からお客さんのイメージや希望に合わせて施術を施していきます。そのため、デザインに関する知識も身につけておいた方がいいでしょう。デザインは、色の組み合わせや模様の書き方、パーツの使い方などでバリエーションを広げることができます。